敏感肌のクレンジング選びの注意点

敏感肌のクレンジング

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下しているため外側からの刺激に敏感になっている状態の肌のことをいいます。この状態の肌を改善するためには、スキンケアなどが重要となってきます。

 

特に敏感肌に重要なケアの一つがクレンジングです。

 

普段使っているクレンジングでは刺激が強すぎてしまい、肌の負担になることで肌の状態をより悪くしてしまうことも考えられます。
敏感肌の状態の時にクレンジングを選ぶときに注意したいのが刺激が少ないものを選ぶということが大切です。

 

肌に負担をかけないミルクタイプのクレンジング

中でもオススメなのがミルクタイプのものです。油分と水分がバランス良く配合されており、肌への刺激となってしまう界面活性剤の量も控えめであるというメリットがあります。

 

また、香料やパラペンなどの肌への刺激となってしまう成分が配合されていることも少ないとされており、油分が入っていることで潤いを感じられます。しかし、肌への刺激が少ない分だけ洗浄力が弱いことから、落としにくい目元や口元のメイクは専用のものを使うなどする必要があります。

 

また、なるべくメイクを落としやすいようにメイクは薄くつけるようにしたり、水で落とすことのできるメイクを利用するなどの工夫が肌には必要です。

 

敏感肌のクレンジングにW洗顔不要のクレンジングはおすすめなのか?

メイクを綺麗に落とすことは肌を健康に保つために重要なことですが、そのためにクレンジングをしてから洗顔をするというW洗顔は敏感肌の人にとっては肌へのダメージが大きいと言われています。

 

どれだけ肌に優しい成分で作られていても、洗顔を行う回数が増えてしまうことは肌にダメージを与えてしまっているのです。
また敏感肌の人は皮脂が少なく乾燥しがちなため、クレンジングや洗顔をしているうちに肌に必要な皮脂まで失ってしまいかねません。

 

皮脂がなくなってしまえば皮脂によって蒸発を防いでいる肌内部の水分も蒸発してしまい乾燥を引き起こしてしまいます。さらにクレンジングや洗顔料にはメイク汚れを落としやすくするために界面活性剤などが配合されていますのでこれが肌に悪影響を与えてしまいます。

 

そのため、敏感肌の人にはW洗顔不要のクレンジングはおすすめな点が多いです。

 

W洗顔不要ということは1つのアイテムだけでメイク落としも洗顔もすべて完了してしまうということです。

 

肌への負担が少なくなりますので必要な皮脂を洗い流しすぎず、肌に影響を与えてしまう界面活性剤などが肌に触れている時間も短くなりますので、洗顔後のつっぱりなども軽減されるようになります。

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングが肌に優しい理由

 

保湿成分だけでメイク汚れを落とすため、美容液でクレンジングしたように洗うことが可能なのです。
ファンデーションやポイントメイク、日焼け止めはもちろん、皮脂汚れも包み込んでしっかりと落とします。

 

ダブル洗顔の必要がないので、時間の節約にもなります。濡れた手でも使えるので、お風呂に入った時に使うことができて便利です。

 

開いた毛穴に悩んでいる女性は少なくありません。毛穴が開いたり、たるんだりしていると、ファンデーションがきれいに乗らないことが多いです。

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングには、毛穴の開きやたるみに作用する4種類の成分が配合されています。
ネロリ、オレンジ、ペパーミント、グレープフルーツなどの精油もブレンドしている柑橘系の香りも特徴です。

 

ドクターが監修し、優しい処方となっているクレンジング剤が、リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング公式サイトへ

 

>>モイストゲルクレンジングをチェック!TOPページへ