ジェルクレンジングは肌に優しい?その理由と特徴をチェック

ジェルクレンジング

クレンジングジェルには水性と油性のものがあり、メイクの濃さに合わせて選ぶことが可能です。
ナチュラルなメイクなら水性タイプをしっかりメイクを落とすなら油性タイプを選ぶと良いでしょう。

 

クレンジングジェルを使ったクレンジング効果は、ジェルが吸着性や肌へのなじみが良いジェル特有のテクスチャーを持つことから、クレンジング時の摩擦を極力減らすことができることです。
肌に刺激を与えることはシワやシミの原因になるので、できるだけ摩擦を与えないようにすることが大切です。

 

クレンジングジェルはたいへん肌なじみが良いので、顔に広げて優しくなでるだけでメイクを素早く落とすことができます。

 

この他にもクレンジングジェルが肌に優しい理由は、石油系の界面活性剤の配合が少ない、あるいは全く配合されていない点です。

 

オイルクレンジングは油分を落とすために洗浄力の高い合成界面活性剤が配合されているのですが、ジェルは肌になじませ、ぬるま湯を加えて乳化させることでメイク汚れと一緒に落とすことができるので、低刺激で肌に優しいものが多いのです。

 

また、オイルクレンジングほどの強い洗浄力がないので、肌が乾燥することから守るのにも役立つタイプと言えます。

 

ジェルクレンジングの種類〜油性・水溶性それぞれの特徴

水溶性ジェルタイプ

まず水溶性ジェルタイプには、オイルフリーとオイルインの2種類存在します。
オイルフリーには油分が含まれていない為、肌への負担が最も少ないです。ですが油分が含まれていないので、クレンジング力はやや弱めになります。
また、まつげエクステをしている方は接着材が油分に弱いため、オイル系のクレンジングは使用厳禁です。

 

まつげエクステを長持ちさせたい場合は、このオイルフリーを選択する必要があります。

 

オイルインには油分と界面活性剤が含まれているので、オイルフリーよりもクレンジング力が高くなっています。

 

油性タイプと比較すると油分は少ないので、クレンジング力で劣ってしまいますが、ほどよいクレンジング力でメイクを落とすことが可能となっています。

 

油性タイプ

油性タイプは、オイルを乳化してジェル状にしたものです。主成分が油分のため油性の汚れとの相性が良く、クレンジング力に優れています。水溶性ジェルタイプでは落とし切れないメイクも、しっかりと落とす事が出来ます。

 

>>モイストゲルクレンジングをチェック!TOPページへ

 

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング公式サイトへ