保湿成分配合のクレンジングの働きとメリット

保湿成分配合のクレンジング

一日の終わりにメイク落としのクレンジングは欠かせない肌のお手入れです。

 

クレンジング剤というと、メイクをしっかり落とす働きに目がいくことでしょう。確かに間違いではないのですが、その他の面にも注目する必要があります。

 

最近は、保湿成分配合のクレンジング剤も出てきていますが、その働きやメリットについてご紹介したいと思います。

 

保湿成分配合の働き

保湿成分配合のクレンジング剤と聞いて、すぐに洗い流してしまうものに、そのような成分が必要なのかと感じる方も多いかと思われます。実は、洗顔ですが、余分な汚れを取ることでお肌を整える意味があるのですが、反面、特にメイクを落とす際に、お肌にとって必要な皮脂や水分も流されてしまうため、お肌への負担が大きい作業です。

 

その点、保湿成分配合のクレンジング剤であれば、洗顔の際にも、常にお肌に美容成分が密着している状態ですので、お肌への負担が少なくて済みます。そして、保湿成分があることで、お肌のバリアを壊さないようにできますから、洗顔してもお肌が必要以上に乾燥することを防ぎ、潤いを保つことが可能になります。

 

保湿成分ですが、メーカーによって様々なものを使用していますが、代表的なものとして、ヒアルロン酸等が有名です。

 

つっぱらないクレンジングの仕組み

クレンジングをすると肌がつっぱってしまうという方は多くいます。しかし、最近は使用後も肌がつっぱらないクレンジングが多くあります。そのつっぱらない仕組みについて解説します。

 

まず、洗顔後に肌がつっぱってしまう理由は肌の乾燥です。肌には元々水分があり、皮脂によって蒸発するのを防いでいるのですが、クレンジングを使うとメイクと共に肌に必要な油分まで落としてしまう場合があります。

 

ファンデーションなどのメイクは油性です。そのため油分を落とす洗顔を行うと肌を保湿する皮脂まで落としてしまうのです。そのため洗顔後、すぐに肌が乾燥してつっぱってしまうのです。このような肌の乾燥を防ぐために最近のクレンジングには美容成分が配合されています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランなどの保湿作用が高い美容成分を配合することにより、洗顔後も肌を保湿し、つっぱらないように作られているのです。

 

さらにメイクを落とす際に肌に刺激の少ない洗顔成分を配合することにより、肌に必要な皮脂を残したまま洗うことができるものもあります。

 

このような仕組みにより洗顔後も肌がつっぱらずにいられるのです。そのため洗顔後につっぱってしまうという方は、美容成分がたっぷり配合された洗顔を使うことをおすすめします。

 

美容成分42種類配合リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジング

 

誤った洗顔方法は、肌トラブルの原因になります。洗浄力が強いクレンジング剤で必要な皮脂まで取ってしまうと、肌が乾燥し、大切なバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると、シミやシワの原因にもなります。

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、美容液に配合されている保湿成分が洗浄成分です。そのため、クレンジングしながら保湿することが可能なのです。

 

また、こんにゃく由来のスクラブを採用しているので、古い角質や毛穴の汚れを吸着して、無理なく取り除くことができます。

 

ダブル洗顔の必要がなく、1度のクレンジングで濃いメイク汚れもすっきりと落とします。

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、香りも好評です。天然のアロマとして、ネロリ、ペパーミント、オレンジ、グレープフルーツが配合されています。
希少な精油が独自のブレンドで配合されており、リフレッシュ効果があります。

 

また、ドクター監修で7つの無添加処方となっています。
肌の負担になる着色料や防腐剤、アルコール、石油系界面活性剤、香料、鉱物油などが使われていないので、安心です。

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング公式サイトへ

 

>>モイストゲルクレンジングをチェック!TOPページへ