乾燥肌に適したクレンジング選びとおすすめできないクレンジングとは?

乾燥肌のクレンジング

一般的に乾燥肌を悪化させるクレンジング剤というのは摩擦や刺激を与えるタイプの物です。なのでおすすめできないクレンジングとしては例えば市販のオイルクレンジング剤やアルコールの含まれたローションタイプの物などが挙げられます。

 

オイルタイプですと一見するとオイルが入っているから乾燥を防げるだろうと思いがちですが、実はオイルクレンジング剤はお肌に刺激を与える石油系界面活性剤が沢山配合されている場合がありますし、またメイクオフの際にお肌にじかに指先が当たりやすく摩擦の原因にもなりますので、どちらにしてもお肌のバリア機能を低下させ乾燥肌を悪化させやすくします。

 

そしてローションタイプの物は必要な皮脂まで取られてしまうのと、拭き取りの際にお肌へ摩擦を与えて乾燥を悪化させてしまいます。

 

しかし、どうしてもオイルでメイクオフしたい方は天然の植物オイル(オリーブオイルやココナッツオイルなど)を使用し、こすらないようにマッサージした後蒸しタオルで汚れを取り除いたり、ローションタイプを使用したい方はアルコールフリーや無添加の刺激物の少ない物を選び拭き取らずに洗い流すのが良いでしょう。

 

ちなみに乾燥肌の方に最適なクレンジング剤はというとミルクタイプの物、クリームタイプの物がお肌の摩擦も抑えられる上に水分が豊富なのでメイクオフの最中も乾燥を防ぐことが出来おすすめです。

 

乾燥肌に優しいクレンジング方法と注意点

乾燥肌の方は特にクレンジング選びとクレンジング方法を気を付けなければ乾燥肌が悪化してしまう事があります。そこで乾燥肌の方におすすめのクレンジング方法はというとクレンジングクリームやクレンジングミルクを使用した方法で、これらはお肌の乾燥を悪化させてしまう摩擦や刺激を抑えつつメイクや汚れを落としてくれます。

 

またミルク、クリームともにそれ自体に水分が多く含まれているのでメイクオフの最中もお肌の乾燥を防ぐことが出来ますのでお肌に優しいクレンジング剤なのです。

 

ポイントメイクは専用リムーバーで落とす

ただし注意点としてはポイントメイクやウォータープルーフのファンデーションなどは中々落ちにくいので、ポイントメイクは先にポイントメイク落としを使用してから顔全体をクレンジングし、ウォータープルーフのファンデーションはあまり使用しない方が良いでしょう。

 

どうしてもウォータープルーフのファンデーションを使用しなければいけない場合はメイクオフの際にオリーブオイルやホホバオイルなどの天然の植物オイルを使用し優しくマッサージしつつ、最後に蒸しタオルで押さえてからクレンジングミルクやクリームを使用するという方法もあります。

 

どちらにせよ乾燥肌の天敵はお肌を擦る摩擦によっておこるバリア機能の低下やクレンジング剤などの化粧品の刺激なので摩擦や刺激を与えずにメイクオフしたいものです。

 

乾燥肌にも使いやすいおすすめクレンジング

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、保湿成分でメイク汚れや皮脂汚れを落とすので、肌の潤いを守ります。

 

こんにゃく由来のスクラブは、潤いを保ちながら毛穴の奥の汚れまで吸着して取り除きます。そのため、1度のクレンジングで肌の汚れがすっきり落ちるのです。

 

市販されているクレンジング剤の中には、添加物が入っているクレンジング剤も少なくありませんが、リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、7つの無添加処方で、肌のバリア機能を守ってくれます。

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング公式サイトへ

 

>>モイストゲルクレンジングをチェック!TOPページへ