毛穴対策に適したクレンジングの種類と選び方

毛穴クレンジング

誰もが一度は悩むのが毛穴の黒ずみです。

 

これは毛穴に皮脂と古い角質が混ざって角栓が出来酸化して毛穴が黒くなるのですが、毛穴が開く事で益々目立ってしまいます。ですから毛穴クレンジングを選ぶ際は毛穴が開かないようにケアする事と汚れを綺麗に落とす事が第一になります。

 

そこで毛穴クレンジングに適したクレンジングはどんな種類があるかというと、ミルクやクリームタイプ・ジェルタイプなどがベストです。

 

よくオイルの方が汚れも取れてすっきりするのではないかと思う方も多いでしょうが、オイルクレンジングの場合は汚れは取れますが界面活性剤が沢山使用されているので刺激が強く乾燥しやすくなり一層毛穴が開くようになるのです。また、ローションタイプというのもありますがアルコールが多く含まれている物が多いのでこちらもお肌への負担がかかりやすくなります。

 

ミルク(クリーム)タイプの良さ

ではミルク(クリーム)タイプはどのように良いかというと、刺激が少ないので乾燥肌・敏感肌の方でも使いやすい事、そして摩擦が少ないのでマッサージしながら毛穴を綺麗にできるという事が挙げられます。

 

ジェルタイプの良さ

またジェルタイプはというとメイク馴染みもよくお肌への摩擦も少ないので毛穴ケアもしやすいですしミルク(クリーム)同様に乾燥肌敏感肌の方でも大丈夫です。ただし目元・口元のポイントメイクは落ちにくいのでポイントメイク落としを先に使用すると良いでしょう。

 

ちなみにミルク(クリーム)、ジェルともに保湿力も高く使用しているうちに毛穴を目立たなくさせるのにも役立ってくれます。

 

間違った毛穴対策のクレンジング、毛穴のお悩みを悪化させるクレンジング方法

毎日何気なく行っているクレンジングですが、間違った毛穴対策を行っていると、毛穴のお悩みを悪化させてしまう可能性があります。

 

使用するクレンジング剤の量が少ない

間違った毛穴対策のクレンジング方法としては、いくつかありますが、使用するクレンジング剤の量が少ないということです。
使用する量が少ないと、肌への負担が多くなってしまうため、量を多量に使う必要はありませんが、肌に負担を掛けないような量を使用するようにしましょう。

 

洗顔の回数が多い

肌の黒ずみや毛穴の汚れが気になるという場合、ついつい1日に何度も洗顔をしてしまうという人も多いようです。
しかし、回数多く洗顔をすると、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう事になりますので、肌のバリア機能が低下してしまい、皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

強くこすって洗ってしまっている

また、汚れを取ろうと、力強くゴシゴシと洗顔をするという事も、肌の状態を悪化させる原因となります。クレンジング・洗顔を行なう際には、力を入れないように、軽くマッサージをするように行うことが大切になります。一人ひとりの肌質や悩みに応じて適しているクレンジング方法は、異なりますので、自身の肌質に合った方法で行うことが悩みを解消するためには重要です。

 

一度や二度ではなく、継続することが悩みを解消するためには大切です。

 

毛穴の開きや角栓、乾燥肌で悩んでいる方はクレンジングを変えてみる事をお勧めします。

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは毛穴専門クレンジング

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは雑誌や各メディアでも取り上げられ、ほとんどの方がリピートする商品として知られています。

 

このクレンジング剤はメイクや汚れをしっかりと落とすクレンジング力がありながらも42種類もの保湿美容成分から作られていますので、洗い上がりのお肌の特徴はまるで美容液で洗ったかのようなモチモチとした潤いとしっとり感が得られます。

 

しかもリ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングには角栓の原因となる古い角質や毛穴の汚れも落としてくれるスクラブが配合されているのですが、このスクラブは角質ケアに注目されているこんにゃくで作られているので摩擦や刺激を与えずにケア出来ます。

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング公式サイトへ

 

>>モイストゲルクレンジングをチェック!TOPページへ