オイリー肌・ニキビが気になる時のクレンジング選び

オイリー肌のクレンジング

クレンジングには拭き取りシートタイプやリキッドタイプ、ジェルにクリームなど種類も多く、自分の肌質が分からない人にとっては未知の世界です。
ニキビやオイリー肌で悩んでいる人には手引きとなる情報が必要かも知れません。クレンジング選びのポイントは、配合成分と直接お肌に乗せるときのクレンジングのタイプにあります。

 

泡なのかミルクなのかといった種類により皮膚に与えるダメージ度が違ってくるからです。

 

クレンジングタイプによって肌への影響に違いが

ちなみに使い方によって一番皮膚に負担をかけやすいのが拭き取りシートタイプです。

 

それからオイル、クリーム、ジェルタイプとテクスチャーが軽くなるほどにダメージは弱くなります。

 

オイリー肌の場合は皮脂分泌が過剰になっている場合が多く、テカりやべたつきがちです。空気の汚れが吸着しやすくニキビが出来やすいトラブルメーカーでもあります。

 

男性ホルモンの分泌が盛んなこのタイプには、しっかり皮脂を落としてあげましょう。

 

しかし、ゴテゴテの濃いメイクをしている場合を除き、オイリー肌の人にはクリームタイプかミルクタイプのものがいいようです。というのもあんまりゴシゴシ皮脂を剥がしてしまうと、皮膚のダメージが負担になってしまうのでやはりそれは避けたいところです。

 

また、ニキビの原因となるアクネ菌の大好物であるオレイン酸が配合されているようなオイルクレンジングは避けた方が良いケースも。
アクネ菌が増殖する場合があり、余計ニキビが悪化する可能性もあるので注意が必要です。

 

界面活性剤が沢山含まれていないもので、皮膚の角層にダメージが起こりにくいものをチョイスするのがクレンジング選びの賢いポイントでもあります。
最後に皮脂本来の働きである皮脂膜を正常に作れる最低限の油分は確保しておきましょう。

 

肌のざらつきはクレンジングで解消できるのか

肌のざらつきに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。それは毛穴に詰まった角栓が大きく関係しています。角栓は酸化した皮脂や古い角質や汚れなどが混ざったもので、毛穴を塞いでしまうことでイチゴ鼻や肌のざらつきやごわつきなどに結び付いてしまいます。

 

角栓ができる原因としては、食生活の乱れによる栄養不足、運動不足、睡眠不足、スキンケア不足による肌の乾燥などがあります。
これらの原因によって皮脂が過剰に分泌すると角栓ができやすくなってしまい肌のざらつきにつながってしまいます。

 

解消させるための方法としては、健康的で規則正しい生活習慣を送るということ、丁寧な洗顔、乾燥を防ぐためのスキンケアなどがあります。

 

クレンジングも肌のざらつき解消のポイントの一つ

そして、肌のざらつきはクレンジングでも解消させることができます。クレンジングを肌になじませて皮脂や汚れを中和させることで毛穴に詰まった角栓を浮き上がらせてオフします。クレンジング後はぬるま湯で洗顔します。

 

冷たい水だと皮脂汚れが落ちにくく熱いお湯だと必要な皮脂まで落としてしまうので、ぬるま湯を使用するのがベストです。
毛穴に詰まった角栓が一掃されれば肌のざらつきは解消されて透明感もアップしますしメイクののりも格段にアップします。

 

>>モイストゲルクレンジングをチェック!TOPページへ

 

 

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング公式サイトへ